食事で出来る認知症予防

食事で出来る認知症予防

認知症を予防する食事は野菜や魚中心で

認知症予防するための話題になっています。様々な方法により脳の老化を遅くし、若々しい脳を保つことにより認知症予防することができます。昔と比べ脳に関しての研究が進みいろいろなメカニズムが解明されてきました。それによりどうすれば認知症予防できるかということが少しずつわかってきています。とにかく1番大切な事は健康な毎日を送ることです。また、毎日を楽しく過ごすこともとても重要になります。日々の生活リズムを整えるための第一歩として食事を見直すことが欠かせません。

しっかりとご飯を食べて健康に気をつけることにより脳が若々しくなり、体調が良くなります。毎日のご飯なのであまり無理をして節制をする必要はありません。ストレスは脳にとって負担となるのでストレスを溜め込まないように気をつけましょう。まず1番最初にできる事は脂っこい食べ物を控えるということです。脂っこいものをできるだけ控えるようにすれば体の負担が少なくなるので健康的な毎日を送れます。それだけでなく野菜や魚を中心としたご飯を食べることが重要です。野菜や魚は脳に非常に良い栄養素が含まれているので、できるだけ多く食べるようにしましょう。

また、料理を自分ですると言うことも重要です。自分で献立を考えて栄養素等を計算することにより脳を使うことになるので老化防止に効果的です。自分自身で食べるものを考えると自立心が沸くのでいつまでもしっかりしていたいと言う気持ちになり健康的な体でいることができます。できるだけバランスの良い食事をすることが大切ですがあまり無理をする事は良くなりません。野菜や魚をある程度食べていれば少し位の間食などは気にしなくても大丈夫です。少し位の間食はストレスの発散となりますし、ある程度お菓子などを食べてリラックスする事は脳にとっても良いことなので無理しないように心がけましょう。

食べるものに気をつけるだけでなく、運動や睡眠などバランスを整えることも大切です。食べ物だけに気を使うのではなく、運動や睡眠をバランス良くとることによりストレスが溜まりにくくなり、食べたものも良く消化されるようになるので意識しておきましょう。毎日散歩などをして汗をかき栄養素の高いご飯を食べると自然に体は健康的になっていきます。そして、よく眠ることにより脳はしっかりと休息をとることができるのでそれらのバランスを考え1つも欠けることなく毎日を過ごしていきましょう。野菜や魚といっても同じようなものばかりを食べていると飽きてしまいます。そのため料理のバリエーションを増やすということも大切です。

様々な料理を作れるようになり自分自身で健康観に行えるようになれば自分に合った栄養素が足りないものなどを自分自身で補えるようになるので料理をすることも大切な要素となります。脳を活性化させるためには楽しく好奇心旺盛に生きることが1番重要となるので楽しみながらバランスの良い食べ物を探すように心がけましょう。食が変われば心も豊かになり人とのコミュニケーションもうまく回り始めます。それはとても脳にとって良いことなので好循環が生まれます。

 

気をつけなければならないのは生活リズム

認知症のために気をつけなければならないことは食べ物のことだけではありません。認知症は脳の問題なので脳の老化させないことが大切になります。そのために1番大切にしなければならないことが生活のリズムです。生活のリズムを整えることによって体そのものが健康的になり、結果として脳の老化防止につながります。脳に良いことをしなくても体全体が健康であれば脳に負担がかかるという事はありません。また、悪い生活リズムであれば脳に良いことをしたとしてもあまり効果を実感することはないでしょう。そのために認知症のことを考えるのであればまず生活リズムの改善を心がけましょう。

生活リズムと言うのは基本的に食生活や運動、睡眠の3つになります。それ以外にもできるだけストレスをかけないと言うことやできるだけ毎日を楽しめるようにすることが大切になります。生活のリズムを整える方法として毎日の運動を取り入れてみると良いでしょう。運動することによって基礎代謝が上がり健康的な体を作り上げることができます。運動というのは何にとっても体の基礎となる部分なので1番初めに運動を取り入れることが大切です。運動というのは怪我防止にも有効ですが過度な運動は怪我の原因ともなります。そのため運動を行う前に体操やストレッチなどをして体に負担がかからないよう常に気を遣っておくことが大切です。

また、人によってどれだけの運動ができるかということに個人差があるので無理のないような量を毎日続けることが大切です。できれば軽く汗をかく位の運動をした方が効果が実感できるでしょう。そのためにまずはウォーキングから始めて慣れてくればランニングを取り入れるようにすると体調は少しずつ良くなっていきます。ウォーキングなどをした場合は、終わった後にストレッチや軽いマッサージなどをするようにしましょう。お風呂に入り血行をよくすることも大切です。

あまり激しい運動してしまうと怪我の原因になったり体に過度の負担がかかってしまうので無理のないよう自分自身のケアをしていけば健康的な体を手に入れることができるでしょう。筋力トレーニングをすることも脳の活性化に有効だと言われています。筋肉をつけることにより血流が良くなるので脳に行く血流も増えます。血流が増えれば脳は活性化され認知症になりにくい状況作ることが可能になります。歳を取るにつれて何もしなければ筋力は衰えていくので筋力トレーニングなどを意識的に行うようにすれば血行不良になりにくく、脳の若々しさを保つことができます。筋力トレーニングはウォーキングやランニングと違って毎日する必要はありません。

週に2回程度、定期的に行うようにしましょう。そうすることにより無理のない筋肉がつき、ケガのないように体を改善していくことができるでしょう。運動の後にはしっかりと食べ物を食べて栄養補給し、その後にしっかりと睡眠をとることが大切になります。これら全てをバランスよく行うことにより生活リズムを整えられるので、1つも欠かすことのないように毎日の生活を送るようにしましょう。最初は違和感があったりすることもあるかもしれませんが数ヶ月続けているとそれが習慣となり苦痛を感じなくなります。